×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乾燥肌対策について

乾燥肌対策

乾燥肌対策について

角質層には30%の水分が含まれていますが、それが30%以下になると乾燥肌になります。

 

空気が乾いて湿度が30%以下になると、角質層から水分が失われやすくなりますが、肌には保湿成分があり、きちんと働いていると湿度が下がっても水分がすべて失う事はありませんが、保湿成分を作る機能が低下していると肌は乾燥してしまうのです。

 

油分が少ないと乾燥肌と思われがちですが、水分量が少ないと乾燥肌になります。乾燥すると角質層が厚くなり、肌が硬くなるようです。肌が外の刺激から守るため、硬くなりますが、乾燥して角質のバリア機能が失われ、より一層、角質層が厚くなるようです。

 

そのため、急いで新しい角質層をつくろうとしますが追いつかなくなり、未熟な角質細胞が出来てしまうようです。表皮細胞から角質細胞に変わることを角化といい、変わるのに28日かかるようです。

 

角化の過程で天然保湿因子やセラミドをつくるので角化は肌に大切です。肌が乾燥してしまうと、未熟な角質細胞ができ、角質層が厚くなってしまうと悪循環です。対策としてやはり保湿ですが、角化の悪循環を改善するために、厚くなった角質層をピーリングなどで少し取ることも効果的のようです。

 

また、保湿といっても肌に水分を与えるだけでは効果がないようです。セラミドなどの保湿成分を与え、保つことが保湿になるようです。保水力のある肌になると乾いた空気の場所でも乾燥することがないようです。保湿成分にはセラミドやヒアルロン酸があり、化粧水より美容液やクリームに多く配合されているようです。

 

 

 


 
Copyright (C) 2010 毛穴引き締めたい! All Rights Reserved.